動物もふもふ記

狐も梟も蛇もワニも触り放題!?驚愕のワイルド動物園「ノースサファリサッポロ」【札幌】

「ノースサファリサッポロ」

様々な動物と驚くほど触れ合えると噂の動物園「ノースサファリサッポロ」へ。

入り口からもう既にワイルドな雰囲気

超巨大犬「アイリッシュ・ウルフハウンド」。

園内を歩いていると、アヒルさんが何匹もついてきて可愛い

キリンさんも驚くほど距離が近い!もう、頭に触れそうなほどの近さ

カワウソにエサをあげる事も出来ます。爪が無い、ぷにぷにのお手々。

「ヘイ、ソコノニーチャン!ヘビ買ワナイカ?」

ヘビ商人風に首に巻いてみたの図。このヘビさんは温厚で良い子でした。

「・・・・・・」

ワニさんはどことなく不満そうで、ちょっと申し訳ない気持ちになる。

野生で遭遇した時は触れなかったキツネさんに、念願のTOUCH!

撫でていると、うとうと・・。それにしても可愛い。

子ギツネをだっこして写真撮影もOK!これは可愛過ぎました。(※有料オプション)

カピ助(仮)「ほぅほぅ、長崎の方へのぅ・・・」

岩波「そうそう、で、そこの子カピがさぁ・・」

ここにいるカピさんとも、ついつい世間話。

岩波「カピ助もさ、食べ過ぎには気を付けてねホント」

ポンッ

カピ助(仮)「おぬしもな」

岩波「・・・はい」

「デンジャラスゾーン」では、様々な危険生物や危険な虫(※)の間近を通り抜けるスリルも。

写真はピラニア水槽の上を渡り歩く図。

(※虫が苦手な方もいらっしゃるため、写真は割愛)

最後は、メンフクロウさんとインスタ風に締めくくり。

岩波「可愛いねー」

<なでなで>

メン太(仮)「( ˘ω˘)スヤァ」

メン太(仮)「また来てホー」