Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
アクティビティ

ニセコのスキー場は「アンヌプリ」「グランヒラフ」どっちが良い?実際に滑り比べてみた

はじめに

ニセコのスキー場で定番「グラン・ヒラフ」「アンヌプリ」、この2つはどっちが良いのでしょうか?

今回はそんな疑問を解消するべく、実際に2つのスキー場を滑り比べて比較してみました!

ちなみに、2つのスキー場は頂上付近で繋がっており、

全山リフト券を購入すれば、一日で両方のコースを滑るという事も可能ではあるのですが、

その分リフト料金が高くなり、さらに迷いやすいというデメリットもあるため、

初めて来た方スキー(スノボ)初心者の方には一日で片方のスキー場を選ぶ事をおすすめします。

 

グラン・ヒラフ編

まずはグラン・ヒラフの方へ!

ホテル「甘露の森」からはバスで20分程度と、宿からのアクセスは若干遠め。

しかし、入口すぐレンタル、ショップ、休憩所、リフト乗り場があるため、

ゲレンデ到着後から滑り始めるまでの段取りサクサク快適!

コースは初心者向けから上級者向けまで幅広くリフトも種類豊富!

さらに、もしリフト選びで迷ったら、快速の「ヒラフゴンドラ」乗って滑って、を繰り返せば安定

来訪時は1月末の平日でしたが、客も午前中からそれなりに多く、人気のスキー場なのだなと感じさせられます。

昼食はレストハウスにてカツカレーを。

スタンダードな食堂系の味で、体を動かした後はこういうのがちょうど良いですね!

鍋焼きうどんも、具材たっぷり、麺もちもちで、想像以上にイケる味でした。

雪質はもちろん、言う事無しのパウダースノー

山の上から見る麓の景色も、非常に綺麗です。

滑りながら、ついつい立ち止まって眺めてしまうほど。

帰り際、バスを待ちつつ麓で一枚。ここも景色が綺麗に見えます。

そして、ふと目に止まったホットドッグの屋台。

重力に吸い寄せられるように、気づいたら注文してしまっていました。

ソーセージ二本とチーズ、ベーコンを挟んだホットドッグ。

氷点下の気温の中で頂く、熱々のホットドッグ・・・

ハフッ・・熱っ・・・、ハムッ・・・旨ッ!!

そしてサイドのスパイシーポテト(L)も、どっさり幸せボリューム!

カリッ(外側)、じゅわっ(油)、ホクッ(内側)・・

そりゃもう、旨いです。・・・北海道だから当たり前か。

 

アンヌプリ編

別日、今度はアンヌプリの方へ!

こちらはグラン・ヒラフと比べるとコースの種類は控えめですが、ほぼ一方向なので迷いにくい!

休憩所での待ち合わせも簡単なので、各々、好きなように気楽に滑れるのが魅力ですね。

コースは、比較的ゆるやかで平面、初心者~中級者向けの斜面が多い印象。

視界も開けているので、ファミリーでもはぐれずに滑れます。

また、来訪時は来場客もヒラフより若干空いていたので、伸び伸びと快適滑走!

お昼味噌ラーメン。

こちらも、スタンダードな食堂系の味で、運動後にちょうど良くお腹が満たされます。

こちらは焼きそば。甘じょっぱいタレで、なかなかイケる味でした!

アンヌプリも、山の上からの麓の景色非常にクリアです。

そして、個人的に嬉しかったのが自己責任エリアの存在(※上級者向け)

普通のスキー場では進入禁止が多い、リフトの下側のボコボコ斜面を下るのはスリリングで快感!

スキーでもボードでも、分厚いパウダースノーに全力で突っ込むのは超快感なんですよね。

 

結論~結局どちらが良いのか?~

という訳で、まとめます。

グラン・ヒラフの利点

コースの種類が多い、高速「ヒラフゴンドラ」が快適、山の上からの景色が綺麗。

一言でまとめると、「色んなコースをガンガン滑りたい中~上級者向け」という感じです。

デメリットとしては、客が多いので混雑リスクがあり、初心者同士だとはぐれる危険性もあるので、

連絡手段待ち合わせある程度、事前に決めておいた方が無難です。

アンヌプリの利点

コースがほぼ一方向なのではぐれにくい視界が開けているので解放感がある、ヒラフより若干空いている。

一言でまとめると、「のんびり一緒に滑りたいファミリーor初級~中級者向け」という感じです。

一方、上級者にとっても自己責任エリアの存在があるため、手ごたえのあるコースも楽しめます。

どちらのコースにもそれぞれ長所があるので、事前に目的別に絞り込んでおけば後悔がないと思います。

それでは、良いスキー旅を!